銀行カードローンはどこがいい?大手銀行を徹底比較!

銀行カードローンは、金利が低いのが魅力です。金利が低いということは、返済の負担が軽くなることを意味します。したがって、同じ金額を消費者金融カードローンで利用するよりは、銀行カードローンを利用したほうが良いでしょう。
大手銀行は、カードローンサービスを提供していますが、知名度があるだけでなく、サービスの質も高いのが魅力です。比較すると、いずれも金利は低く設定されていることがわかります。まず、三井住友銀行カードローンですが、利率の範囲は4.0~14.5%です。次に三菱東京UFJ銀行ですが、1.8~14.6%となっています。そして、みずほ銀行は、3.5~14.0%となっています。
以上の大手の数字を見てわかることですが、最大利率がいずれも14パーセントと低めの数字になっています。消費者金融業者は18パーセントが一般的であるため、3パーセントから4パーセント低くなっています。多くの人が融資を受けるボリュームゾーンに適用される利率は最大利率であるため、純粋にこれを比べれば、いずれが優れているかがわかります。
大手は以上のようになっていますが、ネットバンク系ではより低い利率の者もあります。どこが良いかは、利率で決めるか、それとも自分のよく利用する銀行のサービスにするのかは自分次第です。ただ、大手銀行系ならばサービスの質も安定しており、いずれを選んでも間違いはありませんので、好みで決めても構いません。